鍼灸症例:つわり 胃部の重苦しさ・むかつき・吐き気

 30歳代の女性。妊娠初期で胃がムカムカして重苦しくてお困りです。
 匂いに敏感になり、何か物を食べようと口に運ぶと「おぇっ」となります。
 食欲は無くはないですが、ほとんど食べられない状態です。

 いわゆる 「つわり」 と呼ばれる症状です。

 お腹を診ると、みぞおちを中心とした上腹部に、軽く押さえただけで圧痛・不快点があります。
 また、何もしなくても常にムカムカした感覚が上腹部にあるそうです。

 これらの圧痛点・不快点、ムカムカ感の変化を治療効果の指標としました。
 妊婦さんなので、最小限の刺激で最大の効果を得られるように配慮しました。

 肝臓の交感神経抑制のツボ右F2を円皮針0.3mmでモミモミ。圧痛のいくつかは改善。
 胃の交感神経抑制のツボ左F1の刺激で、残りの圧痛点も改善。
 でも、圧痛点の強さは、まだ最初の3分の1ほど残っています。

 刺激の質を変えてみようということで、円皮針を外してピソマでトントン。
 再度、お腹の圧痛点を調べると、患者さんが思わず「あっ」と声を上げるくらいに消失。

 念押しのため、右F2・左F1のピソマをしばらくトントン。
 すると、胃部のムカムカした感覚が、スーッとしてきたそうです。

 吐き気に対して、左右F5をピソマで刺激して治療終了です。
 ピソマを貼ったままにして、ご自分でもときどき刺激してもらうよう指導しました。

 翌日。
 胃の重苦しさはまだ残っていますが、昨日よりだいぶ良くなっているそうです。
 ゆっくりゆっくり時間をかけて、オニギリを1個食べることが出来たそうです。
 治療を続けることにしました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク