鍼灸症例:足の裏の痛み ~足の裏が痛くて歩けない~

 70歳代の女性。歩くと左足の足の裏が痛く、歩行に支障があります。
 ただ立っているだけの姿勢では、足底に痛みは出ません。
 実際に歩いてもらって、痛みが出る足運びのタイミングを、よ~く観察してもらいました。
 すると、左足を前に出そうと地面を離れるときに最も痛むことが分かりました。
 痛む場所は、左足の中足趾節関節あたりの足底です。

 痛みを訴える足の裏周辺を押さえてみても、痛む場所はありません。
 どうやら、痛みの発生源は、また別の場所のようです。
 
 患者さんの話を聞いていたら、素足で室内を歩くときは痛みはまだマシで、
 靴やスリッパを履いて外を歩くときが一番痛いそうです。

 室内と屋外との歩き方の違いは…
 外では履き物がすっぽ抜けないように、足の指を自然と反らして歩くからではないか?
 との仮説から、足の指を反らす筋肉がある足の甲を押さえて調べてみました。
 足の第2~4趾の足の甲に見つけた圧痛点に円皮針を貼りました。
 1枚貼る毎に歩いて痛みを確認してもらって、計5枚貼ったところで痛みが完全消失しました。
 足の裏だと思っていた痛みが、実は足の甲の痛みでした。

 →施術のご依頼は、大阪の鍼灸治療院 「はりきゅう中村」 まで
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク