鍼灸症例:変形性腰椎症 腰と脚の痛み 

 30歳代の男性。右腰の痛みと、左の腰下肢痛があります。
 左の腰下肢痛は、学生時代からの症状だそうです。
 変形した腰椎が神経に触って下肢痛の原因と説明されたそうです。
 右の腰は、そのような変形は無かったとのことです。

 まずは右の腰からの治療です。
 右の腰は前屈・後屈・回旋・側屈でも、常に同じ場所に痛みがあります。
 動かしたからといって、とくに痛みが増すワケではありません。
 右腰をこぶしで叩くと、患部に響くそうです。
 なんだか、筋肉のトラブル(運動器疾患)では無さそう??
 患者さんとの会話から、健康診断で腎臓の異常が見つかったことがあったとか。
 腎臓!?ということで、腎臓と関連する右F3の井穴刺絡。
 これで腰をどの方向に動かしても、叩いても、右腰の痛み・違和感が消失しました(10→0)。
 あまりにもの変化(改善)に、患者さんは一体何が起こったのか驚いている様子です。

 次は、腰椎の変形だと言われている左の腰下肢痛の治療です。
 左の腰・殿部から大腿後面にかけて、前屈すると突っ張って痛みが出ます。
 私からすると、どう見ても皮膚・筋肉の緊張による症状なのですが…(^^;
 左右の膝を高く上げてもらうと、明らかに左の膝が上がっていません。
 左腰の痛みがブロックしたような感じで上がりにくいそうです。
 ということで、大腿後面から腰殿部と関連する左F4を刺絡。
 前屈時の突っ張った痛みは消失し(10→0)、膝も左右同じ高さまで上がるようになりました。
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク