鍼灸症例:心臓神経症 動悸・頻脈・血圧上昇・不安感

 50歳代の女性。ときどき急に動悸がして気分が悪くなります。
 頭が変になりそうな気分で、ひどいときは外出先でも座り込むような状態です。
 発作中は、心臓の拍動が強く感じ、脈も速くなり、血圧も急上昇しているそうです。
 いつ発作が起こるかと、常に不安感を抱えていらっしゃいます。

 20数年前のある出来事をキッカケに発症し、現在に至ります。
 病院の検査では異常なし。安定剤が処方されています。
 心臓そのものに異常があるのではなく、心臓のはたらきが一時的に悪くなる状態です。
 何らかのストレスによって、心臓・血管を調節する交感神経が、急に過活発になるのでしょう。

 平常時の血圧も高めです。(収縮期血圧が140台/拡張期血圧が90台、投薬なし)
 発作時はさらに血圧が高まって、心臓神経症の症状を引き起こしていると思われます。
 発作に対する不安感も、ストレス・交感神経の亢進の引き金のひとつになっていそうです。

 本態性高血圧に、心血管系の感受性の高さと不安が相まって症状を引き起こすのでしょう。

 高血圧に対するツボと、動悸・頻脈などの心臓神経症に対するツボ治療として、
 右F2(肝臓)、左右F3(腎臓)、左右H6・F4(全身)、左右H3(心臓)の井穴刺絡。
 →カテゴリ:「高血圧・動脈硬化・頻脈」

 通院治療と、ご自宅での井穴刺絡をはじめて3週間。
 普段の血圧が正常高値の範囲内にまで下がりました。
 それと同時に、発作が起こりそうな予兆がしても、発作に至ることなく済んでいます。

 20年以上も身に付いてしまった交感神経の悪いクセ(心臓神経症)を治すには、
 まだしばらく治療を続ける必要があると思いますが、治療の方向性は見えました。
 不安感に対するセルフケアの書籍を紹介して、治療を継続するよう指導しました。

 →施術のご依頼・ご予約は 鍼灸治療院 「はりきゅう中村」 まで
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク