スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸症例:左手首の痛み ド・ケルバン腱鞘炎?

 70歳代の女性。左手の手首の親指側(橈側)に痛みがあります。
 手首を反らす(甲屈)、小指側に曲げる(尺屈)、親指側に曲げる(橈屈)
 などの動作で痛みが増悪します。
 手首を曲げる(掌屈)動作では、さほど痛みが出ません。

 痛みのキッカケは、多くの荷物を持つ機会があったこと、そして転びそうなときがあって、
 そのときに転倒を防ごうと手をついてから余計に痛みがひどくなったそうです。

 いわゆる腱鞘炎と呼ばれる状態でしょうか。
 ご自分で患部に円皮針を貼ってセルフケアされていたのですが、
 あまり改善がなく、痛みが我慢できなくなったので治療を依頼されました。

 痛みを感じる場所は、手首をまたいで5センチほどのラインです。
 親指を伸ばす筋肉の健が走る部分(橈骨茎上突起のあたり)です。 
 患部はどこを押さえて痛いので、これという治療点が見つかりません。
 まずは経筋治療で、あらかたの痛みを取ることにしました。

 手首の尺屈で伸展される肺経・大腸経のH1H6に井穴灸。
 なかなか透熱しなかったので、十数壮ほどお灸をしました。
 これで広範囲の痛みは半分以下に改善し、限局された痛みが分かるようになりました。

 あとは本来の痛みを感じる部分の狭い範囲に見つけた3つの圧痛点に円皮針。
 まだちょっと患部を押さえたときの痛みは残っていますが、
 手首をどの方向にも痛みなく動かせるようになりました。

 圧痛点の見つけ方と、H1H6の井穴円皮針のセルフケアを指導して終了しました。

 →施術のご依頼は、大阪の鍼灸治療院 「はりきゅう中村」 まで
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。