免疫異常・慢性炎症をストップ! ~酪酸菌で制御性T細胞を増やす!~

 腸内細菌叢は、多種多様な腸内細菌が共生・対立しながら共存することが重要です。
 多様性が失われたり、腸内細菌叢のバランスが崩れると免疫異常・慢性炎症が起こります。
 →記事:「炎症と腸内細菌叢 ~腸内環境の悪化で腸漏れ・リーキーガット~」

 腸内細菌と白血球は、お互い影響し合って、人間の健康を左右しています。
 免疫のはたらきと炎症を促したり抑えたりすることで人を病気にも健康にもさせるのです。

 免疫異常を起こす腸内細菌や白血球が増えると、アレルギー・自己免疫疾患になります。
 反対に、免疫寛容に導く腸内細菌や白血球が増えると、炎症・免疫異常が改善するのです。

 免疫を寛容に導き、アレルギー疾患・自己免疫疾患を止める白血球が 「制御性T細胞」 です。
 腸管で増強された制御性T細胞は、血中を巡って患部に駆けつけ、炎症を終結させるのです。

 この制御性T細胞を増強させる腸内細菌が、「酪酸」 という物質を分泌する 「酪酸菌」 です。
 (乳酸を分泌するのが乳酸菌、酪酸を分泌するのが酪酸菌という分類の、あくまで総称です。)

 酪酸菌が分泌する酪酸が刺激となって、制御性T細胞が増殖し、免疫制御能力が高まります。
 また、酪酸は大腸のエネルギー源になり、悪玉菌の増殖を抑制したり、抗炎症作用もあります。

 つまり、酪酸菌が増えれば、アレルギー・自己免疫疾患などの免疫異常が改善するのです。

 酪酸菌を含む整腸剤には、酪酸菌MIYAIRI株の 「ミヤリサン」 、「ミヤBM」 などがあります。
 たとえ定着しないとしても、毎日飲み続けることで腸内の酪酸が増えることが期待できます。
 →外部リンク:「ミヤリサン製薬株式会社ホームページ 酪酸菌の科学」
 →外部リンク:「Amazon.co.jp: ミヤリサン錠」

 もちろん、エサとなる食物繊維(不溶性・水溶性)の摂取もお忘れなく^^
 →前記事:「食物繊維で善玉菌を優勢に ~リーキーガットのセルフケア~」

 参考Web
 「皮膚アレルギーの火消しは、炎症患部から大量移動する制御性T細胞」
 「Foxp3陽性T細胞,腸管の免疫グロブリンA,腸内フローラのあいだに…
 「制御性T細胞を誘導するヒトの腸内細菌の同定と培養に成功 -炎症性腸疾患やアレルギ…」
 「腸内細菌が作る酪酸が制御性T細胞への分化誘導のカギ~炎症性腸疾患の病態解明…」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク