スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腸内細菌が人間の健康を左右する! ~免疫異常と慢性炎症~

 あなたの身体は細菌だらけです!
 そう言われて喜ぶ人は少ないかもしれませんが、これは事実です(^^;

 皮膚をはじめ、鼻腔や口腔、小腸・大腸、陰部など全身にびっしり細菌が付着しています。
 全身の細胞(60億個)よりも10倍以上も多い数の細菌が、人体を住処として暮らしています。

 これらの細菌は 「常在菌」 と呼ばれ、人間を病気にさせる病原性細菌ではありません。
 人間を病気にさせるどころか、常在菌は人間を病気から遠ざける役割を果たしています。
 自分たち(常在菌)が生きるには、人間様に病気で死なれてしまっては困るからです(^^;

 常在菌の中でもとくに、私たちの健康と病気の鍵を握っているのが、「腸内細菌」 です。
 良いお通じのためにヨーグルトを食べる健康法も、腸内細菌と関係があるのです。

 腸内細菌は、腸だけの話ではなく、全身の健康状態に影響することが分かってきました。
 白血球が異物を攻撃して処理する免疫のはたらきを、腸内細菌が左右しているのです。
 腸内細菌叢の状態次第で、私たちは健康にも病気にもなり得るのです。

 腸内細菌が関係する病気には、アレルギー疾患、自己免疫疾患、炎症性腸疾患があります。
 これらは、免疫の制御能力が低下して、無益な炎症を止められない免疫異常による病気です。
 →カテゴリ:「衛生仮説と免疫異常」

 そのほかにも、肥満や糖尿病・動脈硬化などのメタボリックシンドロームなどの生活習慣病や
 うつ病や統合失調症、自閉症など脳の異常も、腸内細菌との関連が指摘されています。

 腸内細菌は、どのようにして病気を招き、どうすれば健康を維持・増進できるのでしょうか。

 →次記事:「炎症と腸内細菌叢 ~腸内環境の悪化で腸漏れ・リーキーガット~」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。