食物繊維で善玉菌を優勢に ~リーキーガットのセルフケア~

 腸内環境が悪化すると腸壁から腸内細菌や毒素が血中に侵入するようになります。
 腸から漏れ出た異物は全身に炎症を引き起こし、持病の悪化や健康状態を低下させます。
 →前記事:「炎症と腸内細菌叢 ~腸内環境の悪化で腸漏れ・リーキーガット~」

 腸内環境を悪化させる原因のひとつが、抗生物質・抗菌薬の乱用です。
 命に関わる重篤な感染症には抗生剤は有用ですが、安易な使用では害が大きくなります。

 細菌を殺傷する抗生物質は、腸内の善玉菌も激減させて腸内環境を悪化させます。
 生き残った日和見菌や病原菌の勢力が拡大して、新たな炎症・病気を招くこともあります。
 真菌(カビ)によるカンジダ症や、耐性菌による難治性の感染症などです。

 そして、毎日の生活の中で腸内環境を大きく変化させるのは 「食事」 です。
 食事は私たちの栄養にもなりますが、吸収されない食物は腸内細菌のエサにもなります。
 腸内細菌にどんなエサを与えるか(食事)によって、腸内細菌叢のバランスが変化します。

 ある腸内細菌の好きなエサを多く与えると、その細菌が増殖して勢力を拡大します。
 腸内細菌の棲む場所(腸管)には限りがあるので、ある菌が増えると他の菌が減ります。
 →外部リンク:「腸内細菌叢は食事により1日で変化 HealthDayJapan」

 いわゆる悪玉菌が好きなエサは、タンパク質や脂肪です。
 消化・吸収しきれなかったタンパク質・脂質をエサに、悪玉菌が増殖します。
 タンパク質・脂肪(とくに牛肉・豚肉などの赤身肉)の摂りすぎに注意しましょう。

 そして、善玉菌が好きなエサは、食物繊維(=人間が消化できない炭水化物)です。
 根菜や葉野菜、海藻、豆類や、生デンプン(とろろ芋)などに多く含まれます。

 食物繊維には、水に溶ける/溶けないの種類があり、それぞれ好む善玉菌が異なります。

 水溶性食物繊維は大腸の上部のあたりに住む(好気的)善玉菌のエサになります。
 いろいろな種類の水溶性食物繊維がありますが、オススメ出来るのは 「イヌリン」 です。
 →外部リンク:「【楽天市場】水溶性食物繊維 イヌリン の検索結果」
 →外部リンク:「Amazon.co.jp: 水溶性食物繊維」

 不溶性食物繊維は大腸の下部のあたりに住む(嫌気的)善玉菌の増殖を促します。
 大豆由来の 「おから」 や 小麦の外皮 「ふすま(ブラン)」 などに多く含まれます。
 →外部リンク:「【楽天市場】おからパウダー の検索結果」
 →外部リンク:「【楽天市場】ふすま 500g の検索結果」
 →外部リンク:「Amazon.co.jp: おからパウダー(不溶性食物繊維)」

 不溶性の摂りすぎは便秘の原因になるので、水溶性:不溶性=1:2 くらいで摂りましょう^^

 お財布に余裕のある人は、さらに 「グルタミン」 を摂っておくことをオススメします。
 グルタミンは腸(主に小腸)のエネルギー源となるアミノ酸で、腸壁の修復を助けます。
 →外部リンク:「【楽天市場】グルタミン パウダー の検索結果」
 →外部リンク:「Amazon.co.jp: グルタミン パウダー」

 そして、善玉菌を優勢にしたら、今度は免疫異常をストップさせる腸内細菌を投入しましょう。

 →次記事:「免疫異常・慢性炎症をストップ! ~酪酸菌で制御性T細胞を増やす!~」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク