もやは他人事ではない 「糖尿病」 ~40歳以上の3人に1人が!?~

 血糖値が気になる方に。血糖値が高めの方へ。
 そんな人たちをターゲットにした健康食品のCMが非常に多く流れていますね。
 私は痩せているから大丈夫!関係ないわ♪ ではなく、もはや他人事ではありません。

 血糖値とは、血液中を流れるブドウ糖のことです。
 身体の細胞は、その血糖を取り込んで、エネルギーを生み出すための燃料にしています。

 血糖値が高すぎることを心配する場合が圧倒的に多いのですが、低すぎてもダメなのです。
 低血糖の発作では、下手をすれば死んでしまいます。
 →カテゴリ:「低血糖症と心の病気」

 そんな大切な血糖値は、数々のホルモンにより、非常に狭い範囲内に調節されています。
 (血糖値の正常値は、空腹時で80~110mg/dl未満、食後のピーク時で140mg/dl未満)

 実に非常に興味深いことに、血糖値を上げるホルモンは何種類もあるのですが、
 血糖値を下げるホルモンは、インスリンというホルモンの、たった1種類しかありません!

 つまり、人間の身体は、下がってきた血糖値を高めることは超得意であっても、
 上がりすぎた血糖値を下げることは大の苦手、ということです(^^;

 何百万年もの人類の歴史の中で、飢餓によるエネルギー不足には適応出来るよう進化しても、
 現代のような飽食の時代は経験してこなかったので、身体は適応しきれていないのでしょう。

 近年、急増している生活習慣病である「糖尿病」は、血糖値が高くなりすぎる病気です。
 上昇しすぎた血糖値をコントロールが出来なくなってしまった、「糖代謝異常」なのです。

 では、血糖値が正常範囲に収められなくなると、身体にどのような悪影響があるのでしょうか。
 →次記事:「本当は怖い「糖尿病」 ~そのまま放って置くと、大変なことになりますよ~」

 ※ここでの「糖尿病」は、食事・運動などの、生活習慣と深く関わる「2型糖尿病」 のことです。
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク