舌の痛み・舌痛症に効くツボ その2 ~指先のツボ刺激~

 舌の痛みやシビレを引き起こしている原因のひとつに、筋肉のトラブルがあります。
 舌と関連のある顔や首の押さえて痛い点(ツボ)に、円皮針を貼るセルフケアを紹介しました。
 →前記事:「舌の痛み・舌痛症に効くツボ その1 ~痛みの発生源は筋肉のコリ~」

 しかし、局所の円皮針だけでは、舌の痛みを全て取り除くことが出来ないことがあります。
 痛い点が多すぎたり、圧痛点が近すぎて物理的に円皮針を貼れないことがあります。
 そのようなときは、大まかに痛みを取り除く、指先のツボ刺激を試してみてください。

 舌痛症などの皮膚や筋肉の痛みのエネルギー源は、交感神経のはたらき過ぎです。
 交感神経がはたらき過ぎると、血行不良で発痛物質が作られたり、筋肉が凝ってきます。
 この交感神経のはたらき過ぎを抑えて、痛みを取り除き、筋肉をゆるめてあげましょう。

 ツボは、頭や頬、顎などの押さえて痛みを感じる(さきほど円皮針を貼った)場所から選びます。
   顎・頬の痛み舌痛症に効くツボ

 顔の側面、側頭部、コメカミ、耳の周辺、顎の側面の痛みには、手足の薬指H5・F5
 顔の前面、頬、下顎、唇の周辺の痛みには、手足の人差し指H6・F6と、手の小指H4です。
 ツボは手足の左右の指に2つありますが、押さえて痛みのある側のツボを選びます。 

   手足の井穴図手足の井穴図
 これらのツボに、刺絡をするか、円皮針を貼るか、お灸をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 舌痛症の症状には、痛みやシビレだけでなく、唾液の分泌が悪くなることがあります。
 唾液の出にくくなって口が乾いてくると、余計に舌の痛みが増してしまいます(涙) 
 ですので、唾液の出を良くして舌・口腔の痛みを摂るツボも合わせて刺激してください。

 →次記事:「舌の痛み・舌痛症に効くツボ その3 ~唾液の分泌を良くするツボ~」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク