舌の痛み・舌痛症に効くツボ その3 ~唾液の分泌を良くするツボ~

 舌の周辺の筋肉のトラブルが、舌の痛みやシビレ感などの症状を引き起こすことがあります。
 頭や顎、首などの血流を改善し、筋肉をゆるめて舌痛症を改善させるツボ刺激を紹介しました。
 →記事:「舌の痛み・舌痛症に効くツボ その1 ~痛みの発生源は筋肉のコリ~」
 →前記事:「舌の痛み・舌痛症に効くツボ その2 ~指先のツボ刺激~」

 舌の周辺の筋肉以外にも、舌の痛みやシビレなどのトラブルを引き起こすものがあります。
 それは、舌や口腔の交感神経(自律神経のひとつ)のはたらき過ぎです。
 →カテゴリ:「自律神経のはたらき」

 舌や口内(消化器)の交感神経がはたらき過ぎると、唾液が出にくく粘っこくなり
 口がカラカラに乾いてしまい、乾燥に弱い舌や口内の粘膜が傷ついてしまいます。
 また、血流も悪くなるので発痛物質が作られ、舌や口内に痛みを引き起こすのです。
 粘膜の乾燥による傷と発痛物質で、泣きっ面に蜂。舌の痛みはダブルパンチなのです(涙)

 舌や口内などの消化器の交感神経のはたらき過ぎを抑えるツボは、左F1・F6・F4です。
 痛みの原因となる血行不良を改善し、唾液の分泌を良くしてくれます。
 →記事:「胃腸のツボ ~口唇から肛門までの長い道のり~」
   足の井穴図
 これらのツボに、刺絡をするか、円皮針を貼るか、お灸をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」


 舌と関連する筋肉や唾液腺などの交感神経のはたらき過ぎを断ち切ることで
 舌痛症を改善させるツボを紹介しました。
 「原因不明」と言われてお悩みのあなた!是非一度、試してみてください。

 あなたの舌痛症が治りますように! 
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク