脂肪を燃やして基礎代謝をアップさせる運動! ~有酸素運動&無酸素運動~

 ミトコンドリアには、糖質や脂肪を消費してエネルギーを生み出す発電所の役割があります。
 筋肉に多く含まれるミトコンドリアを増やすことが、基礎代謝をアップさせることにつながります。
 →前記事:「基礎代謝をアップする方法 ~ミトコンドリアを増やせ!~」

 筋肉のミトコンドリアを効率的に増やす運動方法には、ちょっとしたコツがあります。
 ズバリ!脂肪を効率的に燃焼させ、基礎代謝をアップさせる運動方法は…
 「無酸素運動」 と「有酸素運動」 を交互に繰り返すことです。

 運動には、大きく分けて、「無酸素運動」 と 「有酸素運動」の2種類があります。

 「無酸素運動」 は、短距離走や重量挙げなど、呼吸をせずに短時間で行う激しい運動です。
 無酸素運動中の燃料は、主に糖質(ブドウ糖・グリコーゲン)です。

 「有酸素運動」 は、ウォーキングなどの、呼吸をしながら長時間続けられる運動です。
 有酸素運動中のエネルギー源は、主に脂肪と糖質です。
 脂肪を燃やすには、酸素が必要なのです。
 
 筋トレなどの無酸素運動で筋肉中の糖質が消費されて枯渇してくると、燃料が不足してきます。
 燃料不足を解消するために、もうひとつの燃料である脂肪の分解が始まります。
 それと同時に、エネルギーを生み出すミトコンドリアを増やせ!という命令も発信されます。
 そこですかさず有酸素運動に変えて酸素をいっぱい送り込めば、脂肪が燃焼されるのです。

 しかし有酸素運動が続き、燃料が十分足りてくると、脂肪の分解・燃焼がストップします。
 さらに脂肪の分解を促すため、今度は無酸素運動に切り替えるのです。

 無酸素運動と有酸素運動を繰り返すことで、脂肪を効率的に分解・燃焼させることが出来ます。
 さらにミトコンドリアの数も増えるので、基礎代謝がアップするので、一石二鳥です!
 →記事:「燃やせ!内臓脂肪! ~糖尿病のセルフケア その2 血糖値を下げる運動~」

 具体的な運動方法は、ダッシュ(疾走)とウォーキング(速歩)を交互に組み込んだり、
 自転車漕ぎであれば、ときどき全力で漕ぐようにすればOKです ^^)b
 (医師から運動の制限を指導されている場合は、それに従ってください)

 ポイントは、急に激しい運動をしたり、急にパタッと運動を止めないこと、です。
 軽い体操で結構なので、ウォーミングアップとクールダウンはしっかり行ってくださいね^^

 有酸素運動の強さや、運動を行う頻度・回数・時間は、こちらを参考にしてください。
 →記事:「脳と心身を鍛える運動 ~楽しく続けよう!フィットネス~」

 基礎代謝をアップさせる運動と同時に、太りにくい食事に変えましょう。
 →次記事:「食べてやせるダイエット ~無理なく続けてゆっくりキレイに減量~」


 参考文献
 『ミトコンドリアのちから』 瀬名秀明/太田成男 新潮社 2007
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク