鍼灸症例:土踏まずの冷感

 60歳代の男性。右足土踏まずの冷感。
 お風呂のお湯に足を入れると、土踏まずだけが水に入れてるように感じます。
 奇妙な感覚に驚いて、急き込んで治療を受けに来られました。

 触診では、その部分は冷えていません。
 本人さんだけが冷感を覚えているだけです。
 冷覚神経の異常興奮だと思いました。

 その場での症状の把握は出来ません(湯船がないため)。
 治療後にお湯に足を入れてもらい、その感覚を連絡してもらうことになりました。
 土踏まずを通る経絡のうち、腎経には圧痛点は無し。
 脾経、大都あたりを押さえると、土踏まずの冷感が再現しました。
 ここに円皮針と、脾経F1に透熱灸。
 わずか5分ほどの治療です。

 治療後、すぐさま連絡が入りました。
 「一体、さっきの(異常感覚)は何だったのですか???」
 お湯に足を入れたら普通に温かく、今も温かく感じているとのことでした。

 →施術のご依頼は、大阪の鍼灸治療院 「はりきゅう中村」 まで
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク