鍼灸症例:左手首の痛み 左手首の小指側が、曲げると痛い

 40歳代の男性。左手の手首の小指側に痛みを訴えます。
 左の手のひらを下に向けて、手首を小指側に曲げる動作(回内位尺屈)で、最も痛みが出ます。
 面白い事に、手のひらを上に向けて手首を小指側に曲げて(回外位尺屈)も痛みが出ません。

 最も痛みが出るポーズのまま、痛みを訴える場所を押さえてみても、痛みは感じません。
 伸ばされている親指側の手首の周辺を押さえても、痛む点は見つかりません。

 手首を小指側に曲げる筋肉のトラブルが、手首の痛みを作り出しているのだろう、と考え
 手首につながる筋肉をさかのぼって、左肘の外側に見つけた圧痛点に円皮針。

 これで再度手首を曲げてもらうと、変化なし。…。
 ツボに命中していなかったのか?
 先ほどの数ミリ離れた圧痛点に貼り直し。
 今度はビンゴ!です。
 手首の痛みが消失し、手首を動かせる範囲が広がりました。

 普段動かす範囲以上にグッと手首を曲げるとまだ痛みが出ますが、
 日常生活で動かす範囲では痛みが出ないので、これで終了です。

 今回の手首の痛みの原因は、「肘コリ」 でした。
 円皮針を貼った場所周辺を、ときどき指圧してほぐしてあげるよう指導しました。

 →施術のご依頼は、大阪の鍼灸治療院 「はりきゅう中村」 まで
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク