鍼灸症例:過敏性腸症候群 毎食後の下痢・鼓腸・ガス

 50歳代の女性。毎食後に必ず下痢をして、お腹が張ったり大量のガスが出てお困りです。
 食べると症状が出るので、勤務中は昼食を抜くなどしてやり過ごしています。
 常にお腹のことが気になるので外出が億劫になり、気が滅入っているそうです。
 これまで色々な治療を試すも良くならず、藁にもすがる思いでご来院です。

 症状が出るのは食後のみで、食事と食事の間は大丈夫だそうです。
 食事で胃が膨らむと腸が激しく動いて症状が出るそうです(胃・結腸反射の亢進)。

 来院時はお昼下がり。症状の出ていない時間帯です。
 腹部の聴診ではグル音は正常(+)。打診でも、ガスはそれほど溜まっていません。
 触診すると、みぞおちからヘソにかけての上腹部と、左下腹部に圧痛点がいくつもあります。
 とくに左下腹部は、軽く押さえただけでも顔をしかめるような強い痛みです。
 これらの圧痛点の改善を、治療効果の指標に設定しました。

 腸の動きすぎを抑えるには、副交感神経症状でH5F5のツボが有効です。
 しかし除外診断的治療として、胃腸の交感神経抑制の左F1F6のツボ刺激をしました。
 お腹の圧痛点には全く変化なし、無効です。

 左右のF5H5のツボをひとつ刺激する毎に、腹部の圧痛点は軽減。
 時間をおいて2回目のH5F5を刺激すると腹部の圧痛は解消しました。

 仕上げに、腸の動きを止める(良い意味で)ため、交感神経を高める低周波通電を15分。
 ご自宅ではH5F5にお灸と、運動で交感神経を高めるよう指導しました。

 2診目(5日後)
 治療後、食事を摂っても不思議なくらい、大分良くなったそうです。
 2日間は腸がピタリと静まり、3日目は少しゴロゴロ鳴るものの下痢は止まっていたそうです。
 5日目の今日は、元の状態にぶり返してしまったようです。

 神経が覚えてしまった症状を治すには、最初は毎日のように治療を行う必要があります。
 遠方からの来院なので、ご自宅でも井穴刺絡をしてもらうよう、やり方を指導しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク