スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸症例:左膝の痛み 脚を上げると膝が痛む

 70歳代の女性。左膝に痛みを訴えます。
 痛みを感じるのは、ココ!という場所は無く、漠然と膝のお皿のあたり(左膝関節前面)です。

 痛みを最も感じる動作は、歩こうと左足(膝)を持ち上げたときです。
 その姿勢で、膝周辺をくまなく押さえて調べたところ、
 膝上内側(内側広筋上)と、膝蓋靱帯の内側(内膝眼穴)あたりに圧痛点を発見。

 圧痛点は脾経(F1)の上なので、素直にF1の井穴刺絡を…と思いましたが、
 膝痛のほかにも腰痛がありましたので、左F3・F4を先に井穴刺絡をしました。
 これで腰痛が解消したのは想定内だったのですが、
 念のため、左足を上げて左膝の痛みを確認してもらったところ、痛みが10→5に改善。
 痛みを訴える場所以外にも、膝痛と関連する圧痛点を見落としていたのでしょう(汗)

 残った膝の痛みに対しては、今度こそ素直に左F1の井穴刺絡。5→0に消失。
 最初に発見した圧痛点の内、まだ痛みが残っている点に円皮針。

 再燃するようなら、しばらく続けて治療に来るよう指導して終了しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。