手のひら・足の裏の汗を止めるツボ ~手に汗にぎる精神性発汗~

 スポーツ観戦をしたり、サスペンス映画を見ていると、手に汗にぎりますよね。
 ほかにも、人前で話すときや、テストのときなどにも、手のひらに汗をかきます。

 このような、精神的な緊張や興奮、不安でかく汗のことを 「精神性発汗」 といいます。
 精神性発汗は、暑いときにかく温熱性発汗とは、全くの別物なのです。
 →記事:「体温調節と温熱性発汗 ~汗をかくのは脳の温度を下げるため!~」

 精神性発汗で汗をかく部分は、「手のひら」 と 「足の裏」 だけです。
 意外と、わきの下や額などにかく脂汗、冷や汗は、「温熱性発汗」 なのです。

 精神性発汗は、ある程度、温熱性発汗と互いに影響を及ぼし合っています。
 わきの下や額は、普通の状態でもかなり低い気温から汗をかき始める場所なので、
 精神的な興奮によって、温熱性発汗も刺激されるからです。

 汗の分泌は、無意識のうちに身体を調節する自律神経によってコントロールされています。
 自律神経のうち、興奮・ハッスル時に活発にはたらく交感神経によって、発汗が促進されます。
 →カテゴリ:「自律神経のはたらき」

 精神性発汗は、ストレスを感じた脳が交感神経を活発にさせて、手足に汗をかかせるのです。
 汗をかくことを悩んでストレスになり、ますます汗をかく…といった悪循環に陥ってしまいます。

 そんな手のひら・足の裏にかく、精神性発汗をに効くツボは、H6・F4です。
 交感神経のはらき過ぎを抑えることにより、精神性発汗を止めます。
 →記事:「交感神経のはたらき過ぎを抑えるツボ ~心身をゆるゆるにさせます~」
   手足の井穴図手足の井穴図
 これらのツボに、刺絡をするか、円皮針を貼るか、お灸をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 ツボ刺激で、精神性発汗を引き起こす交感神経のはたらき過ぎを抑えることも大切ですが、
 多少のストレスでも動じない心身をつくることも重要です。
 →カテゴリ:「ストレスマネージメント」

 あなたの多汗症が良くなりますように!
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク