脂肪のとりすぎは体に悪い? ~必須脂肪酸は健康に必要不可欠な栄養素~

 「脂肪の摂りすぎは体に悪い」 と言われていますよね。
 たしかに、肥満になってしまうほど食事から脂肪を摂るのは好ましくありません(^^;
 皮下脂肪や内臓脂肪になったり、脂肪肝などの異所性脂肪として体内に貯まっていきます。
 あなたの肝臓がフォアグラ状態になったり、筋肉が霜降り肉になってしまいます(涙)

 しかし、脂肪の成分である脂肪酸の中には、身体にとって必要なものがあります。
 現代人が摂り過ぎている種類の脂肪酸と、不足している種類の脂肪酸もあるのです
 →前記事:「油物をやめれば太らない? ~体脂肪になるのは脂肪分だけではない!~」

 私たちの健康にとって必要不可欠な脂肪酸を、「必須脂肪酸」と言います。
 必須脂肪酸は、ビタミンやミネラルと同様に、人間の体内では作り出すことが出来ません。
 ですから、必須脂肪酸を食事から摂る必要があるのです。

 必須脂肪酸には大きく分けて、「オメガ6」 と 「オメガ3」 の2つのグループの脂肪酸があります。
 大豆油や米油、ゴマ油、コーン油、ひまわり油、落花生油、紅花油、綿実油などの、
 植物油(いわゆるサラダ油)に多く含まれているオメガ6脂肪酸です。
 そして、イワシやアジなどのや、葉野菜・根菜に多く含まれているオメガ3脂肪酸です。

 オメガ6脂肪酸もオメガ3脂肪酸も、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素です。

 しかし、それらの摂取量のバランスが重要なのです。
 オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の摂取比は、4:1 以下のバランスが望ましいとされています。
 現代人は、圧倒的にオメガ6脂肪酸の摂り過ぎで、オメガ3脂肪酸が足りていないのです。

 オメガ6脂肪酸は、揚げ物や炒め物、マーガリンやスナック菓子などに多用されています。
 「普通」の食生活をしていると、簡単にオメガ6脂肪酸は摂り過ぎになってしまいます。

 バランスを欠いた必須脂肪酸の摂り方をしていると、さまざまな現代病を招いてしまうのです。
 →次記事:「植物油を摂りすぎると ~慢性炎症・アレルギー・うつ病・動脈硬化~」

 参考文献
 『油の正しい選び方・摂り方』 奥山治美 農山漁村文化協会 2008
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク