腰部脊柱管狭窄症に効くツボ その3 ~痛み・シビレの場所から選ぶツボ~

 歩行時の足腰の痛み・シビレは、足腰の筋肉のトラブルが原因です。
 筋肉が疲労すると収縮・弛緩が出来なくなり、無理に動かそうとすると痛みが出ます。

 疲労している筋肉を見つけ出し、その筋肉の緊張を解いてやれば症状は改善します。
 →記事:「腰部脊柱管狭窄症に効くツボ その1 ~痛いところに円皮針~」
 →前記事:「腰部脊柱管狭窄症に効くツボ その2 ~やりづらい動作から選ぶツボ~」

 筋肉の痛みはピンポイントで指し示すことは難しく、なんとなくこの辺りという曖昧な感覚です。
 どこが痛いのか自分でもハッキリ分からない場合もあります。

 そんなときは、おおざっぱに痛みを感じるだいたいの場所からツボを選んでください。
   腰下肢
 脚の後面・太ももの裏側・ふくらはぎの痛み・シビレには、F3・F4のツボです。
 脚の外側・太ももの外側・スネの外側の症状には、F5のツボです。
 脚の前面・太ももの前側・スネの場合には、F1・F6のツボです。
 脚の内側・内股・スネの内側は、F1・F2・F3のツボです。
   足の井穴図足の井穴図
 これらのツボに、刺絡をするか、円皮針・ピソマを貼るか、お灸をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 ツボ刺激のあと、歩いてみて普段の症状と比べてみてください。
 症状が出るまでの時間、歩ける距離、痛み・シビレの強さ・範囲など観察してください。

 症状に少しでも改善があれば、そのツボ刺激を続けて改善を積み重ねれば、やがて治ります。

 あなたの足腰の歩行時痛・シビレが治りますように!
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク