鍼灸症例:両膝の痛み 正座をすると痛い

 70歳代の女性。お彼岸にお墓参りをした翌日から両膝が痛くなりました。
 道中、坂道を登ったり降りたりの行程があったそうです。

 両膝の痛む場所は、膝のお皿(膝蓋骨)の周辺で、どことなく痛いそうです。
 痛みのため、歩行姿勢が不自然になっています。

 最も痛みが出る体勢は、正座をする直前と、正座から立ち上がるときです。
 膝をついて、つま先を立てる姿勢のときに、膝前面に最も痛みを感じます。
 床に座って膝を最大限に曲げても痛みは出ません。
 痛みを訴える膝周辺を押さえても、さほど痛い点はありません。
 膝そのものの痛みではなさそうです。
 →記事:「痛みの発生源と離れたところに痛みが!?」

 どうやら、中足趾節関節を背屈するときに痛みが出るようなので調べてみました。
 第2・第3と、第3・第4の中足骨間と中足趾節関節に多数の圧痛点を発見。
 ひとつひとつに円皮針を貼りながら、疼痛誘発動作をしてもらって、痛みを確認。
 左右のそれぞれの足の甲に2~4枚貼ったところで、膝の痛みは消失。
 歩行姿勢もスムーズになりました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク