鍼灸症例:膝関節痛 右膝裏の痛み

 70歳代の女性。右脚の膝の裏が突っ張ったような強い痛みを訴えます。
 足のやり場に困るくらい痛くて、夜も眠れないそうです。

 以前から膝が痛むことはありましたが、生活に支障がない程度で、普通に歩けていました。
 しかし、2週間ほど前から急に右膝が痛くなり、歩行困難の状態になってしまいました。
 普段使うことのない杖に寄りかかって、足を引きずってのご来院です。

 整形外科のレントゲンでは異常なし。接骨院での治療でも改善はないとのことです。
 「おそらく、スジを違えたのでしょう」 と、私の見解を述べて、早速、治療です。

 痛む場所は、右脚の膝の裏です。
 立ち座りするときや、歩く際に痛みが増悪します。

 膝裏と関連すると言われる膀胱経・腎経のライン上の足部をあちこち抑えて調べてみました。
 アキレス腱の踵や、小指・第5中足骨の外側に発見した激痛の圧痛点に円皮針。
 1枚貼る毎に動いてもらって、症状の確認。
 5枚ほど貼った時点で、痛みはほぼ消失。杖なしで歩行もスムーズになりました。

 まだ膝裏に重だるいような違和感が残っているので、患部の圧痛点に円皮針。
 残っている圧痛点の消去と円皮針の効果を増強させる目的で、右F3・F4の井穴刺絡。

 痛みがぶり返すようだったら明日にでも治療に来るよう指導しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク