パニック障害のセルフケア ~パニック発作は自律神経症状~

 急に突然、激しい動悸や頻脈、発汗に見舞われ、気分が悪くなって意識が遠のいたり、
 胸が苦しく息が出来なくなるなど、このままだと死んでしまいそうな恐怖に襲われます。
 救急車で病院に到着する頃には既に症状は落ち着いていて、検査をするも異常なし。

 このような恐ろしい発作を繰り返すあなたは、「パニック障害」と診断されるかもしれません。
 パニック発作の恐怖や不安に縛られて、日常生活や社会生活が営めなくなることもあります。

 パニック発作の症状は、自律神経が急激に高ぶっているときに起こる自律神経症状です。
 命を脅かす危険なストレスに抵抗するため、交感神経が激しく興奮するために起こる症状です。
 →カテゴリ:「ストレスと自律神経」

 戦闘モードの交感神経が活発になると、心臓の収縮が強くなり、心拍数が増加します。
 本来は血液を全身に大量に供給するための反応ですが、過剰になると動悸・頻脈が生じます。
 汗腺も交感神経がコントロールしているので、過剰になると脂汗・異常発汗につながります。
 また、呼吸も浅く速くなるため、行き過ぎると過呼吸になって呼吸困難になってしまいます。

 パニック発作の引き金となるストレスのひとつに、予期不安があると思います。
 また発作が起こったらどうしよう…という恐怖も、強い精神的ストレスになります。

 しかし、パニック発作を引き起こす原因は、精神的ストレスだけなのでしょうか?
 明らかなトラウマ・PTSDが原因の場合は、タッピングが役に立つかも知れません。
 →カテゴリ:「トラウマ・PTSD」 

 ここでは、パニック発作を身体のトラブルと捉えたセルフケアを紹介していきます。

 →次記事:「パニック障害と低血糖症 ~低血糖は命を脅かす危険なストレス!~」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク