筋肉とむくみ ~筋肉は血液・リンパ液の還流を促すポンプ~

 立ち仕事や座りっぱなしが続くと、だんだんと足が浮腫んでくる…。
 足がむくむと靴下のゴム跡がついたり、靴やブーツが窮屈になってきます。

 そんなむくみは、血液中の水分(間質液・リンパ)の流れが滞り溜まっている状態です。

 心臓から押し出された血液は、動脈・毛細血管を通って全身に送られます。
 酸素や栄養に富んだ血液中の水分が毛細血管から染み出て細胞に届けられます。
 染み出た水分・リンパ液は、9割が静脈、1割がリンパ管に入って心臓へ戻ります。

 心臓には血液を全身に送り出すポンプの役割があります。
 しかしながら、隅々に行き渡った血液・リンパ液を汲み上げるだけの力はありません。
 血液・リンパ液を心臓に戻すポンプの役割は、「筋肉」が担っているのです。

 身体を動かすことで、筋肉は収縮・弛緩を繰り返します。
 筋肉の収縮・弛緩で静脈・リンパ管が刺激され、血液・リンパ液の流れが促されます。
 収縮・弛緩を繰り返す筋肉がポンプのように血液・リンパ液を心臓に送っているのです。

 ところが、身体をあまり動かさないでいると、筋肉のポンプ作用が十分に働かなくなります。
 静脈・リンパ管の流れが悪くなり、毛細血管から染み出たリンパ液が滞留してしまいます。

 流れることが出来ず滞留してしまったリンパ液が、浮腫(むくみ)の正体です。
 滞留したリンパ液が、筋肉や皮膚の細胞の隙間にあふれている状態が浮腫なのです。

 とくに足のリンパは重力に逆らって心臓に戻らなければならないので滞留しがちです。
 立ち仕事や座業で足の動きが少ないと、足の筋ポンプ作用が低下して浮腫んできます。

 また、筋肉が硬く凝っている場合も、筋肉のポンプ機能が低下して浮腫んできます。
 筋肉が十分に収縮・弛緩せず、静脈・リンパ管への刺激が弱まってしまうからです。
 →前記事:「筋肉のコリと痛み ~硬くなった筋肉は痛みの予備軍~」

ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク