スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扁桃炎のセルフケア ~口呼吸で乾いた空気とバイ菌がのどを直撃!~

 「うちの子どもが扁桃腺をしょっちゅう腫らして…」 そんな会話を聞いたことありますよね(^^;
 ひと昔前は 「扁桃腺」 と言われていましたが、今では単に 「扁桃」 と呼ばれています。

 扁桃は、口を大きく開けた奥のほうに、のどを取り囲むように存在する臓器です。
 口や鼻から入ってきた細菌・ウイルスなどの病原体と免疫(白血球)が戦う最初の砦です。
 免疫が病原体と戦う際に炎症が起きて、扁桃が赤く腫れて痛んだり、発熱します。

 扁桃炎を起こさないためには、まずは病原体の侵入を減らすことです。 当たり前ですかね(^^;
 でも、知らず知らずのうちに病原体を招き入れ、扁桃に負担をかけている生活習慣があります。

 それは 「口呼吸」 です!
 風邪を引きやすい、喘息持ちなど、呼吸器系の弱い人は、たいてい 「口呼吸」 になっています。

 正しい呼吸は 「鼻呼吸」 です。 息を鼻から吸って鼻から吐き出す呼吸が鼻呼吸です。
 しかし口唇が少しでも開いていると、鼻呼吸をしているつもりでも口呼吸になってしまいます。
 鼻腔は狭く空気抵抗が大きいので、広くて抵抗の少ない口腔から空気が出入りするからです。

 鼻呼吸では、空気中の病原体や乾燥した冷たい空気が、除菌・加湿加温されます。
 鼻腔の鼻毛や粘膜は、空気清浄機と加温加湿器の役割があるからです。

 しかし口呼吸では、多量の細菌・ウイルスや冷たく乾いた空気がのどを直撃してしまいます。
 乾冷により粘膜バリアが弱るうえに、病原体が多量に侵入するので、泣きっ面に蜂です。

 また、扁桃の慢性炎症は、全身の炎症を促して他の臓器の病気を招くことがあります。
 →カテゴリ:「病巣感染と慢性炎症」

 気を抜いてリラックスしているとき、口唇が開いていませんか?
 唇がめくれ上がって前歯が見えていませんか? 唇が乾燥していませんか?
 イビキを指摘されたり、寝起きに口がカラカラに乾燥していたり、のどが痛くありませんか?

 そんなあなたは口呼吸をしている疑いがあります。

 しかし口を閉じようとして、顎に力を入れて歯を食いしばっては決していけません。
 口呼吸を改めるには、唇の筋肉と、舌の位置が重要になります。

 →次記事:「口呼吸の治し方 ~口輪筋と舌を鍛えよう!~」


 参考文献
 『腎臓病を治す本 専門医が教える「根治のための治療法」と「生活習慣」』 堀田修 2012
 『病気が治る鼻うがい健康法 体の不調は慢性上咽頭炎がつくる 』 堀田修 2011
 『扁桃とその病気 二つの顔を持つ臓器』 形浦昭克 南山堂 2005
 『これだけで病気にならない「顔と口の医学」』 西原克成 祥伝社 2007
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。