鍼灸症例:肋間神経痛 胸・脇腹・背中の痛み

 70歳代の女性。左の脇腹を中心に、左胸・左側の背中に痛みを訴えます。
 1週間ほど前に自転車を駐輪する際、ハンドルを取られて上半身をねじったそうです。
 そのときは何ともなかったのですが、後日、痛みが出てきてだんだん増悪してきました。

 内出血や腫脹、発赤、熱感などはありません。
 左手をついたり、上半身を捻ったり、息を吸ったり、咳をすると痛みが悪化します。

 事故など、思いがけない衝撃が身体に加わると、筋肉は急激に伸張されて傷みやすいです。
 この患者さんの場合は、胸肋骨上の筋肉の痛み、いわゆる肋間神経痛でしょう。

 痛みを訴える脇腹の周囲を調べると、手のひらほどの範囲内にいくつもの圧痛点があります。
 痛みが出る姿勢をしてもらって、最も強い圧痛点から順に円皮針をペタペタ貼ること10枚ほど。
 再度、上半身を捻ったり咳払いをすると、まだ少し痛いけど、生活に支障が出ない程度に改善。
 患者さんの表情も、痛みに歪むことはなくなりました。

 「こんなに急に良くなるんですか??」 「今、治療しましたからね^^」

 低温ヤケドに注意して、血行促進と筋緊張緩和の目的で、貼るカイロなどで患部を温めることと
 また痛みがぶり返してくるようなら、また翌日にでも治療に来るよう指導して終了です。

 →施術のご依頼は、大阪の鍼灸治療院 「はりきゅう中村」 まで
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク