鍼灸症例:顎関節症 突然、口が開かなくなる・顎の違和感

 高校生の女性。数ヶ月前から、食事中などに突然、口が開かなくなることがあるそうです。
 開口時の痛みやクリック音などはありません。

 治療前に何度も口を開閉してもらいましたが、そのときは開口不能になることはありません。
 なんの前触れもなく開口不能になるそうなので、治療中には症状を再現できませんでした。

 顎の状態をよく観察してもらうと、グッと噛み締めたときに、右の顎・頬に違和感があるそうです。
 この噛み締め時の顎の違和感を、治療効果の有無の判断指標にすることにしました。

 顎の違和感を感じる場所は、耳穴と下顎角の真ん中あたりです。
 経絡の流注でいうと、三焦経(H5)・胆経(F5)・胃経(F6)になるかと思われます。

 患者さんは、はりきゅう治療を受けるのが初めてで、抵抗があるそうです。
 ですので、小さな子どもさんでも痛くなく受けられる円皮針で治療することにしました。

 まずは右H5に円皮針0.6mmを貼ってモミモミ。全く痛くなく、安心してもらえました(^^;
 刺激後、再度、口をグッと噛み締めてもらうと、違和感に変化ありません。改善なし。

 次は、右F6の井穴円皮針。噛み締め時の顎の違和感は、10→4に改善。
 さらに、右F5に円皮針。これで違和感は、4→2に改善。
 最後に、違和感を訴える顎の患部の最圧痛点に、円皮針を貼ってトントントン♪
 これで噛み締め時の右顎の違和感は消失。左右同じように感じる様になりました。

 もし再燃するようなら明日にでも治療に来るように指導して終了です。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク