鍼灸症例:腰痛 腰を真っ直ぐ伸ばせない

 70歳代の女性。腰が痛くて背筋を真っ直ぐ伸ばすのが出来ません。
 掃除などの作業をしたあとに腰が痛くなったそうです。

 腰痛を訴える場所は、腰の中心部(腰仙部)です。
 立った姿勢から前屈するときは大丈夫です。
 前屈の姿勢から戻って真っ直ぐになる手前、いわゆる中腰の姿勢で痛みが強くなります。
 その他、左ひねり(左回旋)、左横倒し(左側屈)でも、腰痛が増悪します。

 前屈位から立位への動作、左回旋・左側屈の動作時の痛みが、治療効果判定の指標です。

 回旋・側屈時の痛みの方が強いので、まずは肝経・胆経ラインを調べてみました。
 左足親指外側面(肝経ライン)に発見した激痛の圧痛点に円皮針を2枚ペタペタ。
 これで左回旋・側屈時の腰痛が、10→5に改善。
 次に胆経ライン上の激圧痛点(左足薬指外側、第4・5中足骨間)に、それぞれ円皮針。
 回旋・側屈時の痛みは、5→1~2ほどに改善。

 前屈位から立位への動作時痛を確認すると、10→4くらいに改善しています。
 背骨を中心とする部位の痛みなので、腎経ライン(左小指内側)の圧痛点に円皮針。
 これで腰を真っ直ぐに伸ばせるようになりました。

 円皮針を貼った経絡上の末端の井穴刺絡(左F5・F2・F3)と百会の頭部刺絡。
 もうこれで、腰を曲げたり伸ばしたり捻ったりしても、腰の痛みは出なくなりました。

 背筋や殿部の筋肉に対する治療、副交感神経を高める刺鍼法をして終了です。
 ご自宅でも、足指先のツボにお灸をするようセルフケアの指導をしました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク