スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸症例:右膝の痛み 膝が痛くて正座できない

 70歳代の女性。5日ほど前に自宅の玄関先にて転倒しました。
 しゃがんでいるときにバランスを崩して右後方に倒れたらしいです。
 転倒した当日・翌日は痛くも何とも無かったそうです。
 翌々日に外出をしている最中に膝が痛くなり始めました。

 左膝が痛いため、歩き方がおかしく、足を引きずっています。
 膝を曲げると、135度くらいで痛みが強くて正座が出来ません。

 右大腿外側部や右股関節部には、大きな内出血が見られます。
 痛む場所は、右脚の太ももの外側から、ふくらはぎの外側にかけてです。
 痛みを訴える場所に一致して強い圧痛と筋緊張が診られました。

 当院の患者さんには珍しく、痛みを感じる部位=痛みの発生源です。
 素直に右殿部・大腿部・下腿部の圧痛点・筋緊張部に鍼をしました。

 これで再確認すると、まだちょっと痛みます(10→2)が、正座は可能です。
 このような治療を、続けて3回ほど行って完治。
 痛みのキッカケは外傷か酷使か不明ですが、痛みの初期治療が奏功しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。