鍼灸症例:起立性調節障害 体がだるい、ふわふわした感じ

 中学生の女子。数ヶ月前から、朝に身体がだるく、ふわふわした感じがするそうです。
 病院では起立性調節障害と診断され、薬物治療では残念ながら改善がなかったそうです。
 身体のだるさは朝が最もひどく、夜になったら良くなるそうです。
 このため、学校には登校することが出来ていません。

 頭痛や腹痛などはありません。午前中に倦怠感と浮遊感が強いだけだそうです。
 来院時は午後だったので、これらの症状は全く出ていません。
 問診から、交感神経の機能低下による相対的な副交感神経症状だと判断しました。
 →カテゴリ:「起立性調節障害」

 初診
 まずは、交感神経機能を高める長坐位低周波通電を30分。
 相対的な副交感神経のはたらき過ぎを抑えるH5F5の井穴刺絡。
 施術時には症状が出ていないので、治療効果の有無の確認が出来ませんでしたが、
 ご自宅ではH5F5の井穴円皮針でセルフケアしてもらうよう指導しました。

 第2診(18日後)
 他府県にお住まいのため、治療間隔が空いてしまいました。
 学校の夏休みを利用して、泊まりがけでの通院治療です。
 前回の治療後から、朝の倦怠感・浮遊感がすっかり良くなったそうです。
 学校は、短縮授業期間中ではありましたが、保健室登校できたそうです。

 学校は夏休みに入りましたが、生活リズムを崩さず朝はちゃんと起きられているそうです。
 前回同様、長坐位低周波とH5F5の井穴刺絡などを行いました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク