鍼灸症例:足がおぼつかない ろれつが回らない

 40歳代の男性。1年半ほど前から足がおぼつかなくなりました。
 ふわふわフラフラした感じで、足を思い通りに動かすのが難しくなったそうです。
 ほかにも頭がクラっとするような感じもあり、ろれつも回らなくなってきました。

 脳神経外科や耳鼻科を何軒も回っても異常は見つからなかったそうです。
 心療内科では自律神経失調症だと言われ、薬物治療を受けています。
 自律神経の治療を…ということで、当院に来られました。

 立って院内を歩いてもらうと足のおぼつかなさを感じます。
 Uターンするときに頭のクラっが強くなります。
 声を出して喋ってもらうと、喋りにくいそうです。
 これらの症状は、日内変動は多少はあるものの、常に感じているそうです。

 腱反射・病的反射、眼球運動、血圧などの簡易な検査では異常なし。
 歩く動作は、ちょっと頼りないように見受けられます。よく転倒するので傷だらけです。
 会話はちょっとくぐもったような喋り方です。

 歩きにくさ、Uターン時のクラっ、喋りにくさの自覚症状を治療効果の指標としました。

 まずは自律神経機能を高める刺激法。
 室内を歩いてもらうと、なんだかさっきと違う感じで動作がちょっと滑らかになったそうです。
 次に、運動能力をアップさせるべく左右F5の井穴刺絡。
 これで歩いてもらうと、足が軽くなって前に進むようになったそうです。(10→5)
 左右H5も井穴刺絡。さらに歩きやすくなったそうです。(5→2~3)

 しかし、Uターン時のクラっ、喋りにくさには変化はありません。
 今度は、前頭部の正中線上に見つけた圧痛点を頭部刺絡。
 頭のクラッはあまり感じなくなったそうです(10→1~2)
 頭部刺絡の直後は、発声には変化ありませんでした。
 しばらく喋ってると、なんだか喋りやすくなってきたそうです。

 脳の言語・運動中枢の機能が低下しているのでしょうか??
 しばらく経過を観察してもらうことにしました。
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク