鍼灸症例:右手首の痛み ドケルバン腱鞘炎

 70歳代の女性。年末の家事掃除のせいか、右手首の痛みを訴えてご来院です。
 以前も同様の症状で治療を受けて良くなったので、今回もご依頼です。

 痛みを訴える場所は、右手首の親指側周辺です。
 患部に熱感や腫脹はありませんでした。

 親指を握ったまま手首を小指側に曲げる(尺屈)すると痛みが増悪します。
 いわゆるドケルバンの腱鞘炎という症状です。
 この腱鞘炎は、長母指外転筋腱と短母指伸筋腱を包む腱鞘の炎症だと言われています。

 患部を丹念に押さえて調べてみても、そこそこ痛いながらも、激圧痛点は見つかりません。
 患部の周辺が、どことなく痛いそうです。

 このような痛みの発信源を特定できないときには、井穴刺激が役に立ちます^^
 痛みを訴える場所と関連のあるH1・H1’・H6のツボをピソマでグリグリ。

 これで疼痛誘発動作をしてもらうと、痛みが半分くらいに改善(10→5)。
 しかも、曖昧だった痛みの場所が、ココ!というように限局されて感じるようになりました。

 再び患部を調べて見つけた激圧痛点の2カ所に円皮針をペタペタ。
 これで痛みは、なんだか違和感が残る程度に改善(5→1~2)

 ご自宅でもピソマをグリグリ、円皮針をトントンしてもらうよう指導して終了です。

 翌日、たまたまお会いして開口一番、あれからすっかり痛くなくなりました!
 今回の腱鞘炎は、ひどくなる前に早めに治療を受けたのが吉だったみたいです。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク