金属アレルギーと慢性炎症 ~歯科金属が慢性炎症の原因に~

 ピアスしてたら、耳がただれてきた…。
 そんなあなたは金属アレルギーかもしれません。

 金属アレルギーは、金属そのものに問題があるワケではありません。
 汗などに溶け出た極微量の金属イオンが人体のタンパク質と結合してアレルゲンとなるのです。
 防衛システムである免疫(白血球)が、そのアレルゲンを排除する際に炎症が生じます。

 ニッケル・クロム・コバルト・亜鉛・金・銀・銅・水銀・スズ・パラジウム・イリジウム・アルミニウム
 などの金属が、金属アレルギーを引き起こす可能性があります。

 アクセサリによる金属アレルギーでは、金属が接触している場所を中心に炎症が起こります。
 炎症の範囲が限られているので原因を特定しやすく、対処法(アクセサリを外す)も簡単です。
 たとえば炎症部位が首ならネックレス、お腹ではズボン・ベルトのバックルなどが疑われます。

 しかし自分で気づかず金属アレルギーになり、あちこちで炎症を起こすことがあります。
 そんな、かくれ金属アレルギーになりやすいのが、口腔内にある 「歯科金属」 です。

 具体的には、差し歯・被せ歯(クラウン)や詰め物・充填物などに使用されている金属です。
 たいていの歯科金属は、数種類の金属から成る合金で出来ています。

 口腔内は、唾液や細菌・食品の酸などで、金属が非常に溶け出しやすい状態になっています。
 歯科金属アレルギーで、金属が接触する口腔内に症状が出るのは、たかだか数%です。

 しかも、歯科金属を入れて直ぐにアレルギー症状が出るとは限りません。
 溶出した金属イオンは、口腔粘膜や消化管から吸収され、血流に乗って全身を巡ります。
 年単位で徐々にジワジワ溶け出して、その人の許容限界を超えたときに発症するのです。

 ほとんどの場合、口腔と離れた別の臓器(主に皮膚)に、アレルギー症状が出てきます。
 たとえば掌蹠膿疱症のように、手足の皮膚に慢性湿疹・皮膚炎を起こすこともあります。
 手足の症状が、まさか口腔内の金属アレルギーが原因とは思わないですよね(^^;

 歯科金属による金属アレルギーを発症する割合は、20人に1人くらいだと言われています。
 しかし何らかのアレルギー持ちの人に限っては、発症率が数倍に跳ね上がります。

 あなたがお困りのアレルギー症状・慢性炎症は、金属アレルギーが原因かもしれません。
 心当たりがある人は、金属アレルギーに詳しい皮膚科などでパッチテストを受けてみてください。


 参考文献
 『Dr.菊池の金属アレルギー診察室』 菊池新 東京堂出版 2012
 『金属アレルギーと歯科治療』 吉川涼一 現代書林 2007
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク