スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸症例:腕が痛くて挙がらない

 70歳代の女性。左肩と左腕の、重だるさ・痛み・つっぱり感。
 3ヶ月ほど前、何のきっかけもなく痛みはじめました。
 医者には「使いすぎだろう」と言われ、肩に注射をしたが、変化なし。
 マッサージの先生に、肩や腕を治療してもらっても、気休め程度。
 腕を少しでも動かすと痛むので、衣服の着脱をはじめ、生活にかなり支障があります。

 治療前の症状把握。
 左腕を前方挙上すると、肩関節前面から上腕前面にかけて痛みが出ます。
 90度以上は、痛くて挙がりません。
 右手で支えると、それ以上の角度まで挙げることが出来ますが、
 上腕後面から肘にかけて、痛みとつっぱりが出てきます。
 挙げた腕を降ろすときは、右手の支えが無いと、力が抜けたように腕がガクッと落ちます。
 結帯動作でも、肩関節から上腕前面にかけて痛みます。
 安静時にも、常に肩と腕に重だるさがあります。

 いわゆる、「肩腱板断裂」とか「棘上筋炎」とか言われる症状ですが、
 痛みの治療をする上で、なんら問題はないので、治療しました。

 腕や肩の前面を通る肺経上、魚際あたりに3つの圧痛点があります。
 大腸経経上、合谷あたりに、6つの圧痛点。
 それらの中から、圧痛の最も強い点から順に治療点にしました。
 最強圧痛点に円皮針を貼るたびに、動作痛を再確認します。
 円皮針をひとつ貼る毎に、痛みが改善します。
 ひとつひとつ確認しながら、合計6つのツボに円皮針をしました。

 これで肩と腕の痛み・重だるさ・つっぱり感は消失しました。
 もう、どのように動かしても痛くありません。
 治療前は反対の手で支えて挙げ降ろしをしてたのに、その必要がなくなりました。
 キツネにつままれたように、驚いていらっしゃいました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。