スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸症例:舌痛症 舌の先のヒリヒリ感・舌の左半分のザラザラ感

 50歳代の女性。9ヶ月ほど前、急に舌に痛み・異常感覚を覚えるようになりました。
 はじめのうちは舌の左側面の奥歯のあたりから発症しました。
 噛み合わせを調節したりしているうちに、患部がだんだん広がってきました。
 現在では舌の前3分の1くらいを中心にヒリヒリした痛みと、
 舌の左半分から中央部にかけて、舌を上顎に接するとザラザラした感覚があります。

 歯科や口腔外科などをあちこち回るも異常がなく、舌痛症と診断されました。
 処方された薬の重い副作用で減薬中です。

 発症の原因はとくに思い当たることもないそうです。
 顎や舌を動かしても症状に変化はありません。
 顔面・下顎の触診すると、左の下顎角あたりに激圧痛点を発見。
 そこに直接刺鍼+運動鍼。そのあとにハペパッチを貼付。

 しばらくすると(患者さん曰く)顎のズレが戻ったような感じがして
 ヒリヒリ感やザラザラ感などの症状が全く解消(10→0)してしまいました。

 舌の異常感覚は、周辺の筋肉からの関連痛・トリガーポイント症状だったのでしょう。

 2回目
 治療から3日後、解消していた症状がまた再燃してきたそうです。
 触診すると、前回の激圧痛点は消失しており、また別の場所に圧痛が出ていました。
 筋緊張のバランスの問題なのでしょうね。
 圧痛点の治療をすると、広範囲のザラザラ感が舌中央の一点に限局しました。
 治療の方向性が見えているので、出来るだけ続けて治療をすることしました。

 →カテゴリ:「★治療院のご案内」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。