スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸症例:咽喉頭異常感症 のどの圧迫感 しゃべりづらい

 40歳代の男性。1ヶ月ほど前より、のどの圧迫感があります。
 耳鼻科で検査をするも異常はなく、漢方薬を服用しても改善がありません。

 発症のきっかけとなる出来事は思い当たらないそうです。
 飲食物の飲み込み(嚥下)では、症状は増悪しません。

 しゃべろうとすると圧迫感が強く、努力しないと声が出にくいそうです。
 発声に伴う喉周辺の筋肉のトラブルかな?

 声の出しにくさを治療効果の指標にしました。

 のど周辺を触診したところ、斜角筋群や胸鎖乳突筋などに激圧痛点が見つかりました。
 それらの圧痛点にハペパッチを貼り付けて軽くトントントン♪

 しばらくしてから声を出してもらうと、力まずスムーズに発声できるそうです。
 頚部前面と関連する胃経F6の刺絡を考えましたが、症状は解消しているので止めました。

 やっぱり発症してからの期間が短いとすぐに効きますね(^^;

 →カテゴリ:「★治療院のご案内」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。