ダニ対策で喘息発作を減らす! ~毎日の布団掃除と週1回の布団乾燥~

 夜間・朝方に喘息が起きやすいのは、休息時間帯は副交感神経が活発になるからです。
 しかし、それだけではありません。
 →記事:「気管支喘息と副交感神経 ~気管支の収縮・粘液の分泌を促す副交感神経~」

 夜間は、日中の活動時に舞い上がったハウスダストが、ゆっくり沈下してくる時間帯です。
 床・畳に布団を敷いて寝ている間に、落ちてきたハウスダストを吸い込んでしまいます。
 吸い込んだハウスダストが気道を刺激して、喘息発作を誘発してしまうのです。
 →前記事:「口呼吸と気管支喘息 ~呼吸を正して気道の慢性炎症を止める!~」

 空気中のハウスダストは、空気清浄機やベッドで寝るなどして対策してる人も多いでしょう。
 →外部リンク:「【楽天市場】 空気清浄機」  →外部リンク:「Amazon.co.jp: 空気清浄機」

 しかし、それよりも要注意なのは、布団や枕など寝具に潜む 「ダニ」 です。
 ダニ本体だけでなく、死骸や糞の破片(PM2.5よりも小さい!)もアレルゲンになります。
 たとえダニアレルギー陰性でも、ダニに含まれる分解酵素が気道粘膜を傷つけます。

 ダニのエサとなる人間の皮膚片・垢・皮脂・汗・髪などは、布団には豊富にあります。
 気密性の高い日本の住居は、湿度・温度ともにダニにとってはまさに楽園なのです(^^;
 春先から増殖しはじめ、夏に爆殖して、死骸も含めると秋口にダニアレルゲン量が最大です。

 ダニ対策を行うならば、最小限の努力で最大限の成果を上げたいですよね(^^?
 ならば、「毎日の掃除機での吸引」 と 「週1回の布団乾燥機での加熱乾燥」 が効果的です。 

 【毎日のダニ吸引】
 布団(掛け・敷き)の表裏を、それぞれ1分間かけて、弱い吸引力で掃除機をかけます。
 悪さをするのは、布団内部の生きたダニよりも、表面のダニの死骸・糞の破片なのです。

 紫外線殺菌機能など高級な布団専用掃除機を購入する必要は全くありません。
 ダニの死骸や糞を物理的に吸引することが重要なので、お使いの普通の掃除機でOKです。

 共用による汚れが気になるのであれば、ヘッドノズル部分だけパーツを取り付けてください。
 100円ショップのヘッドノズルや、ヘッドカバーでも十分です^^
 →外部リンク:「Amazon.co.jp: 布団 掃除機」

 【週1回の布団乾燥機&シーツ・カバーの洗濯】
 ダニは50度以上の高温で死んでしまいます。
 布団を天日干し(毎日)するよりも、布団乾燥機で加熱(週1回)する方が効果は高いです。
 ダニの死滅量は、週1回の布団乾燥機と、真夏1ヶ月間の毎日天日干しと同等だとか!(驚)
 →外部リンク:「【楽天市場】 布団乾燥機」  →外部リンク:「Amazon.co.jp: 布団乾燥機」

 布団のシーツ・カバー、枕カバーは、週に1回は洗濯すると、さらに良いです。
 上半身(頭~肩口)に相当する部分にバスタオルを敷き、3日に1回交換してもOKです(^^;

 毎日の掃除機吸引&週1回の布団乾燥を、まずは2週間試してください。
 2週間続けることで、喘息発作を引き起こさないダニの量まで減らすことが出来ます。

 なお、布団だけでなく、じゅうたん・ソファー、ぬいぐるみ、犬・猫などのペットにもご注意を。

 →次記事:「気管支喘息に効くツボ ~発作を止める&未然に予防する~」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク