スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関節リウマチのセルフケア ~日常生活に大きな影響を及ぼす関節炎~

 あちこちの関節が痛い…。 もしかして、リウマチかしら??
 一般の人がその病名を思いつくくらい、関節リウマチは世間によく知られた病気です。
 関節リウマチは、自己免疫疾患・膠原病などと呼ばれる免疫異常による病気の一種です。

 免疫とは、病原体やガン細胞などを攻撃・排除する身体の防御システムのことです。
 その免疫が自分の細胞や臓器を攻撃してしまう自己破壊的な病気が自己免疫疾患です。

 関節リウマチの場合、免疫を担う白血球が関節軟骨を攻撃して炎症が起こります。
 炎症が起こると、関節周囲が赤く腫れたり、痛みや浮腫みが生じてきます。
 病状が進行すると、炎症が関節の骨にまで広がって、関節が破壊されてしまいます。

 関節リウマチの症状で、とくに辛いのは関節の痛みではないでしょうか。
 関節痛のために、日常生活に多大な支障を来してしまいます。

 痛みがあると、指に力が入らず、包丁を握る・蛇口をひねるなどの動作が困難になります。
 肘や肩が痛ければ、洗濯物を干したり、衣服を着たり脱いだりするのも辛くなります。
 膝や足首・足指が痛ければ、歩いたり外出するのも億劫になってしまいます(涙)

 関節リウマチは、発症してから診断が確定するまで、ときに時間がかかることがあります。
 その間は経過観察だったり、消炎鎮痛剤などでやり過ごすことになります。

 関節リウマチの疑いがあって、何もせずに手をこまねいているのは不安で仕方がありません。
 そして、たとえ診断が下る前でも、痛みや浮腫みなどの症状を改善させる方法があります。
 
 ここでは、自律神経と免疫の観点から、関節リウマチのセルフケアを紹介していきます。

 →次記事:「関節の痛みに円皮針! ~局所治療・対症療法も大事です~」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。