脊柱管狭窄症のセルフケア ~痛み・シビレの原因は神経の圧迫!?~

 歩いていると腰から脚にかけて痛みやシビレなどの症状が出てきて歩けなくなる。
 ちょっと休憩したら、それらの症状が軽減して再び歩けるようになる。
 そのような状態を、間欠性跛行(かんけつせいはこう)と言います。

 MRIなどの画像検査で、脊柱管(背骨の中を神経が通る空間)が狭くなっていた場合、
 「脊柱管狭窄症」という診断が下ることがあります。

 腰部の脊柱管が狭くなると足腰に通じる神経が圧迫され、痛み・シビレの原因に…
 と病院では説明を受け、場合によっては脊柱管を広げる手術を勧められることもあります。

 しかしこの説明は誤りです。神経は圧迫されても痛みやシビレは生じません。

 足腰の痛みやシビレは感覚神経(知覚神経)という電線を伝って、脊髄・脳へ伝えられます。
 感覚神経が強く圧迫されると痛み・シビレの信号が伝わらず、何も感じなくなります(麻痺)。
 もし万一、脚が動かなかったり感覚が消失、尿が出ないなどの麻痺症状が出たら救急車を!

 電気コードを強く圧迫すると断線して通電しなくなります。
 もし電線を踏んで発電するのなら、電力会社なんて不要です。
 神経が圧迫されて生じる症状は麻痺なのに、逆に痛み・シビレを感じるのは変な話です。

 足の裏には全体重が加わって神経が圧迫されているのに、痛くも痒くもありませんよね。
 もちろん画鋲を踏んだら痛いですが、それは神経が正常に働いている証拠です。

 つまり、脊柱管狭窄症が存在しても、それは痛みやシビレの原因では無いということです。

 足腰の痛みやシビレの原因は、足腰の筋肉です。
 歩行で使われる足腰の筋肉がカチコチに緊張して硬く凝っているのです。

 歩くことで足腰の筋肉に疲労が蓄積し、痛みやシビレなどの症状を発するようになります。
 ちょっと休憩すれば筋肉の疲労が回復するので、再び歩けるようになるのです。

 歩行はダメでも、使う筋肉が異なる運動(たとえば自転車)なら大丈夫なハズです。

 足腰の筋肉の治療をすれば痛みやシビレは治りますが、脊柱管の狭窄はそのままです。
 脊柱管を広げる手術をすると狭窄は治りますが、足腰の痛みやシビレはそのままです。
 あなたはどちらを選びますか?

 →次記事:「腰部脊柱管狭窄症に効くツボ その1 ~痛いところに円皮針~」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク