スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼吸器系のツボ ~鼻・のど・気管支・肺~

 鼻から吸った空気は、鼻→のど→気管→肺 へと届けられます。
 生命活動に必要な酸素を吸って、不要な二酸化炭素を吐き出すのが呼吸です。
 呼吸にまつわる鼻腔・咽頭・気管支・気管・肺などを、まとめて呼吸器系と言います。

 私たちが酸素をより多く必要とするのは、日中や運動時など心身の活動が盛んなときです。
 反対に、夜間の睡眠時など安静にしているときは、酸素はそれほど必要ではありません。

 ある程度は自分の意志で呼吸を行えますが、基本的に自律神経によって調節されています。
 呼吸器系は、活動モードの交感神経によって高まり、休息モードの副交感神経で抑えられます。
 →カテゴリ:「ストレスと自律神経」

 呼吸器系の交感神経がはたらき過ぎると、呼吸が浅く速くなってしんどくなってきます(過呼吸)。
 副交感神経がはたらき過ぎると、呼吸が止まりそうになって息苦しくなります(気管支喘息)。

 交感神経・副交感神経が不必要にはたらき過ぎると、どちらも困った症状が出てくるのです。

 【交感神経のはたらき過ぎ】 左右H1
 呼吸器系の交感神経がはたらき過ぎると、過呼吸だけなく炎症や痛みなども生じてきます。
 鼻水・後鼻漏・痰(黄緑色のドロッとした性状)、のどの痛み、声がれ などの症状です。

 炎症が慢性化すると臓器の破壊が進んでしまい、重症化してしまうこともあります。
 気管支炎や肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)など、命に関わる病気にもなります。

 そんな呼吸器系の交感神経のはたらき過ぎを抑えるツボは、手の親指の内側 H1 です。
   手足の井穴図手足の井穴図
 これらのツボに、刺絡をするか、円皮針・ピソマを貼るか、お灸をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 【副交感神経のはたらき過ぎ】 左右H5・F5
 呼吸器系の副交感神経がはたらき過ぎると、喘息をはじめ、アレルギー症状が生じてきます。
 白色透明でサラッとした鼻水・後鼻漏・痰やクシャミ、鼻づまり、息苦しさ などの症状です。
 →カテゴリ:「副交感神経とアレルギー」 

 そんな呼吸器系の副交感神経のはたらき過ぎを抑えるツボは、手足の薬指 H5・F5 です。
 →記事:「副交感神経のはたらき過ぎを抑えるツボ ~心身に喝!を入れます~」

 呼吸器系のツボが本当に効いているのかどうか、実際に確かめてみましょう。
 →記事:「そのツボ、効いてますか? その2 ~心臓・肺のツボの効果の確かめ方~」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。